ベンゾインよ!

朝晩寒くなってきましたね。

太陽の光と共に家の中を日々移動している私です。

 

夏場はあんなに鬱陶しかったお日様の光が、ありがたい!!

(そもそも夏は「お日様」なんて好意的な言い方すらしませんけど。)

もちろん日焼け止めは、欠かしてはいませんよ。

 

 

さて、

最近ベンゾインという精油の香りがとても気に入っています。

この精油は、心を落ち着けリラックス効果をもたらしてくれる、まったりとした甘〜い芳香が魅力で、身体には、呼吸器系を整える効果や角質を柔らかくする効果があります。

 

 

が、、、

 

コイツ、寒いと固まるのです!

 

 

もともとが樹脂を希釈したものなので、凝固しやすい性質なのでしょうか、

待てど暮らせど瓶から出てこない!

 

粘りの強いベンゾインに負けじと私も粘って粘って(時間をかけて)一滴二滴、ようやく取り出せても、

水にはまったく溶けません。

 

化粧水への香りづけ、失敗!
化粧水への香りづけ、失敗!

 

玉になった!
玉に!

ここからもう陽気なマラカス奏者ばりに瓶を振っても、もうどうやっても溶けません。
この形で固まっちゃったのですね、頑固にも…。

指でつぶせるかなと思って取りだしても、完全に「樹脂」です。ベタっと粘りけがあって、水に溶ける次元ではありません。

でも、この状態でもオイルにはギリギリ溶けます。
なので今の私のボディオイルはベンゾインの香りでフワフワですよ〜、素晴らしい!

 

化粧水の香りづけには、瓶ごと温めて、液体をゆるめてからリトライしてみましょう。

 

 

しかし、もう精油が固まるほど寒いですかね?

精油を保管している棚だけ真冬?

ともかく、いろいろなところで季節の移り変わりを実感します。

 

これからもっと寒くなりますから、

心と身体とベンゾインを、冷やさないようにすごしたいものですね。

 

 

 

Blog Top