久々の超・肌荒れ

少し久しぶりになってしまいました。

みなさまいかがお過ごしですか?

 

暑くなってきましたよね、30℃近くまで気温が上がる日もあったりして、

梅雨もこれからだというのに、早くも夏先取りのような気分になったり…。

 

 

さて、このところ私はあまり体調がよくなく、

思うように動けない日も多くあります。

 

そんな中、化粧水がなくなったんですね。

いつもならキッチンでちゃちゃっと作るのですが、

なんだかそんな気力もなく、あーどうしよう、空っぽだわ。

と漫然と思っていたのです。

(ほんのちょっとの手間が死ぬほどの難題に感じる時って、ありますよね…)

 

その日、キッチンに立つ気力はなくとも、

日々の糧を得るために買い物に行かなくてはならず、トロトロと街に出たのです。

 

そしてふとドラッグストアの前を通りかかった時、

「あ、化粧水、買っちゃおうかな。」と思ったんですよ。

魔が差した、と言うのですかね?

 

店に入り、化粧水の棚をいろいろと見て、

新発売らしい、柑橘のような良い匂いのする化粧水に決めました。

調子が悪いので、柑橘の香りが魅力的だったのですね。

いちおう手に付けてみて、ピリピリしないことも確認済みです。

 

あーよかった。たまにはこういうのも良いよね。

と帰宅し、さっそくその夜から使い始めたのですが…

 

なんでしょう、

もう顔につけた瞬間に、ビリビリと刺激が走るのです。

ほお骨に沿って、目の下全体に。(一番肌荒れしやすい部分ですよね)

 

市販のものが久しぶりだったので、

こんなにも刺激があるものだったっけ。と思いながらも、

3日ほど、そのまま使い続けたのです。

 

そしたら、みるみるうちに、

ビリビリと刺激が走っていた部分は真っ赤に腫れ上がり、

痒みと痛みを伴う湿疹が発生。

 

あぁぁぁ。やってしまいました。

 

 

 

もうソッコーでその化粧水は止め、

すぐにキッチンで手作り化粧水を作りました。(最初からそうしておけば!!)

 

化粧水を手作りに戻してからはビリビリはやみましたが、

湿疹はしばらく続き、いま皮がボロボロ剥け始めています。

 

商品によるのでしょうけれど、

肌に合わないものを使うってこんなにも危険なんだっけ、と久々に実感した次第です。

やはり自分の肌に合うものを、じっくり選んで使っていかないといけませんね。

 

やらなくてもいい勉強でした。

 

 

 

 

 

Blog Top