リップケア

 「なんかもうイロイロどうでもいい…。」という投げやりスイッチの引き金になりかねないほどのネガティブパワーを持つ、乾燥する季節の唇がガサガサ。

 

 普段から自分にあったリップクリームを肌身離さず持ち歩くことが一番ですね。私はKIEHL'Sのリップバームが好きで常に携帯しています。忘れて出かけるとパニックになりかねないので、家に常時3つは控えている状態…。昨年出かけたバンコク旅行では日本で手に入るものよりも大きい容量のものを見つけ側買いでした!値段は日本の半分くらいだったし、お得な買い物でしたね〜。


 そんなビックKIEHL'Sを常備していても、ガサガサになるときはガサガサになるのが唇。投げやりスイッチが入る前に、スペシャルケアのラップパックで落ち着けましょう。

 

 

1. 唇に、オリーブオイルなど保湿効果の高いオイルを適量塗り込みます。その際、唇の中心から端に向かってくるくると円を描くように塗り込んでいきましょう。

 

 

 

2. 上唇左右、下唇左右とオイルを塗ったら、その上からお好みのリップバームを同じように塗り込みます。たっぷりめに!しかもだいぶオーバーリップでいきましょう!

 

3. その上に、唇の大きさより一回りほど大きく切ったキッチンようのラップをペタっと隙間無くはりつけ、パックをしていきましょう。この時鼻の穴までラップで塞いでしまうと呼吸ができずに死んでしまうので、ラップのサイズには注意してくださいね。

 


4. 10〜15分ほどそのままにして、テレビを見るなり瞑想するなりしてください。余計な表面の皮も無理なく取れ、ツルツルになりますよ〜!

 

 

 

※唇はアレルギーの症状が表れやすい部分でもあります。ラップをつけていて痒みを感じたら、すぐにケアを中断してください。既に腫れや痒みを感じている場合も、それらが治まるまでラップパックは控えてくださいね! 

 

 

←冷えは大敵!  Back  フットケア→