エコたわしで化学物質削減!

 回避できない家事、いろいろありますよね。

「家事って何です?宅にはお手伝いさんが3人おりますの。」

という方も、一応軽く読み流してください。そしてお手伝いさんと話し合っていただければ幸い…。家事をご自分でなさっている多くの方も、ご参考までに。

 アトピー・敏感肌さんが「合成洗剤」を避ける理由はなんでしょう?そう、いうまでもなく化学物質ですね。我々の日常に普通に紛れ込んでいる化学物質の中には、アレルギーを起こす可能性のあるもの、発ガン性の疑われるものなど、様々です。

 

 この現代、化学物質を100%排除して暮らすのは、もう不可能です。100%は不可能ですが、「自分で意識できる範囲で減らす」ことは可能です。洗濯の時に合成洗剤を使用すると、それに含まれる化学物質が衣類に残って皮膚への刺激になる他、皮膚から吸収され「経皮毒」となって体内に蓄積される可能性もあるそうです。弱い皮膚を守りたい、体内環境を正常に整えたい我々としては、避けられるなら迷わず避けたい部分ですね。

 食器洗い用の合成洗剤に関しても同じことが言えます。手の皮膚からだって化学物質は吸収されますから。ならばゴム手袋をして食器洗いをすれば良い、もしくは全部食洗機で洗えば良い、という考えもあるかもしれません。それで納得できるのならそれでも良いとは思いますが、私はやはり、食器の表面に残る化学物質は気になります。

 我が家では基本的に、お湯だけで食器を洗います。油べとべとの鍋や食器を洗うときだけ、軽く液体石鹸を使いますが、ほとんどはお湯だけです。その時大活躍なのがアクリル毛糸で編んだエコたわし。洗剤や石鹸を使わずとも、毛糸の繊維が食器の汚れをしっかりそぎ落としてくれるので、食器はピカピカになります。

 

 洗いものがすんだら、アクリル繊維にからんだ汚れや、染みこんだ油を落とすように石鹸でもみ洗いし、乾かしておけばOK!自分で簡単に編めるので、ガンガン使って、2週間くらいでヘナヘナになったらシンクまでピカピカに磨いてから「ご苦労様」と捨てます。

 使用する毛糸はアクリルが正解です。ウールは縮みが出ますし、生乾きの状態で放置しておくと獣の匂いがしてきますので…。
 かぎ針編み未経験の方でも、簡単に編めますよ。「化学物質排除」の第一歩として、始めてみてはいかがでしょう?