クエン酸を使いましょう

 除菌効果が高く、カルシウムが凝固した水垢、石鹸カスを落とすなどの効果があるクエン酸。ハウスキーピングに効果的に使えば、合成洗剤いらずでおうちの中もスッキリです!

 ※クエン酸は酸性なので、鉄に使うとサビます。注意してくださいね。



 

 

排水溝のつまりや臭いの解消

 排水溝にひとつかみの重曹を入れ、クエン酸水(水200ccに小さじ1杯のクエン酸を溶かしたもの)を注ぎます。するとぶくぶくと発泡しますので、「ぶくぶくで面白いなー」としばらく眺めたら、上にラップをかけてください。その後30分ほど放置してから、たっぷりの水を流せば、排水溝スッキリです。


  ◆

 

お手洗いの清掃

 お手洗いの汚れ、匂いの主な原因になっているのは尿石というアルカリ性の成分。これはクエン酸でゆるめて落とすことができます。

 200ccの水に小さじ1杯のクエン酸を溶かし、消毒用エタノールを70cc加えます。好きなアロマオイルを加えれば、消臭にも使用できますよ(香りを確認しながら、精油の量を調整してください)。

 スプレー容器に入れて保存します。清掃時は、トイレットペーパーが破れない程度に吹きつけ、便器などを拭きます。便器の内側にも吹きつけ、ブラシで磨けば洗剤要らずですよ。アルコールが多くてむせるようでしたら、量を調節してみてください。


 

お風呂のカビ防止

 200ccの水に小さじ1杯のクエン酸を溶かし、カビの発生しそうなドアの内側など、気になる箇所に親のカタキのようにたっぷりスプレーします。クエン酸の除菌効果でカビを防げます!
 お風呂の鏡に吹き付ければ、曇り止めにもなるんですよ。

 

 

 

電気ポットの水垢落とし

 気がつくと白く水垢がついている電気ポットの内側も、クエン酸でお掃除ができます。
 ポットの限界までいっぱい水を入れ、クエン酸50g程度を溶かし、沸騰させます。沸いたら電源を落とし(電源コードも抜いてしまってください)中のお湯が冷めるまで放置し、しっかり冷めたら水を捨て、内側を洗ってください。

 

リンスとして

 無添加石鹸のシャンプーを使用すると、髪の毛が弱アルカリ性に傾きます。本来髪の毛は弱酸性であるべきなので、そちらに戻すためにクエン酸リンスで中和させます。
 あらかじめクエン酸を水に溶かし、季節によってはグリセリン適量、香りづけにアロマオイルなどを加えた「リンス液」を作り置きしておき、お風呂場に常備しておきましょう。使用方法は、手おけ半分程度のお湯にリンス液を適量加えていき(自分の髪に合う量を、試行錯誤しながら探してみてください)、髪を浸けるか、頭からかぶるかしてください(目にしみるので注意!!)。

 

 

 

 

←洗濯槽のカビとり  Back  重曹を使いましょう→