裸眼清掃のススメ

 アトピー&敏感肌さんにとって居住環境というのはとても大切です。まさかゴミ屋敷にお住まいの方はいらっしゃらないと思いますが「掃除は嫌い、苦手」な方は多いと思います。もちろん私ウズもお掃除が大好きなわけではありません。だからと言って掃除をせずにいても、誰かが代わりにやってくれるでもなく、ただただ悲しくホコリやゴミが溜まっていくだけです。言うまでもなく、ホコリやゴミ、不衛生で不潔な部屋は、アトピー&敏感肌の大敵ですからね…。


 でも毎日の掃除、面倒ですよね。今日キレイにしたから、もう一生掃除をやらなくていい!というワケにいかないのが、掃除の面倒なところ。「三度の飯より掃除LOVE!」な人以外は、「毎日の掃除」のことを考え始めると「不毛ループ」に入って抜け出せなくなってしまうので、あまり深く考えてはいけません。そう、考えずにちゃちゃっと手を動かしてしまえばいいのです!!


 お部屋を快適に、清潔に保つコツは、とにかくゴミや汚れを「溜め込まない」こと。溜め込んでしまうと、掃除がより面倒になり、手順も大変になり、時間もかかるので、「もうヤダ!」と投げ出したくなってしまいます。なので、溜め込まないためにもとにかく、"考えずに毎日やること"が大事です。考えちゃダメです。延髄反射で掃除をしましょう!


 毎日毎日一部屋ずつきちっとピカピカにするのは、正直ムリです。時間も体力も持ちません(お給料を貰えるならやらないでもないんですけど…)、なので私は「裸眼清掃」をオススメします!!


 裸眼清掃とは?文字通り、裸眼で清掃をするのです。ド近眼の私がメガネもコンタクトも着けず、裸眼で清掃をするとどうなるか??そう、きちんと見えないんです。部屋の角のホコリとか、ちょっとした水垢汚れとか、見えないんです。でもココがポイント。

 

 

見えなくていいんです。

 

 

 裸眼で見える範囲で(裸眼視力の良い方は「薄目」でいきましょうか)、ササッとやるんです。あくまで毎日の掃除は「汚れを溜め込まない」ことを目的としているので、根を詰めて隅々までやる必要はありません!ボヤーっと見える範囲で、ササッと手早く済ませましょう。これでじゅうぶん、部屋は快適に保てます。

 

 

 ご家族から「あのちょっと、部屋の隅が汚れてるんですけど」というクレームが出た際には、「じゃあキミ、手伝いたまえよ。」と堂々と言い放ち、 時々ご家族を巻き込んでのキチンと掃除をすれば完璧ですね。1人暮らしの方はそうですね、”時々”キチンと隅々までやれば十分でしょう!

 

 

           Back  「溜めない」生活→