ローストレス スキンケア

 

 普段から肌にトラブルを抱ながら暮らしている我々。どうしたってスキンケア用品、基礎化粧品の情報には敏感になってしまいます。

 『あのメーカーから新しいスキンケアラインが発売だって、今度こそ私の肌に合うかもしれない!あっちのメーカーからは敏感肌用の化粧水がリニューアルだって、これこそが救世主かもしれない!!』

 

 たくさんの情報に踊らされ、振り回され、奔走し、散在してきましたよね。それを楽しめている余裕のあるうちは良いんです、化粧品の買い物だって、新しいものを試すのだって楽しいことですから。でも、もうへとへとになってウンザリ…という状況でしたら、ちょっと一度冷静になって考えてみましょう。

 

 


本当に肌に必要なのは何なのか。
ということを。

 


 ひとことでアトピー・敏感肌とは言っても、症状や状態は千差万別。十人十通り、千人千通りと言ってもいいほどです。そして、あなたの肌の状態、あなたの肌に足りないもの、必要なものというのは、あなた自身にしか分からないことです。

 市販の「敏感肌用」「乾燥肌用」「アトピー用」とうたわれているスキンケア用品は、もちろん、刺激が少なく、添加物も入っておらず、肌に負担をかけないよう、弱い肌を保護するよう、化粧品メーカーの研究員さんたちが時間を掛けて開発した素晴らしいものです。
 でも、それがあなたの肌の状態にフィットするかどうかは、分からないんですよね。

 また、アレがだめならコレ、コレがだめならあっち、というように、次から次へとトライ&エラーを繰り返し、状態の良くない肌を改善するために、塗って塗って塗りまくる!努力は素晴らしいことですが、それが本当に肌のためになっているのかどうか、考えてみたことはありますか?
 効くかもしれないものを「塗る」ことは、気休めにはなりますが、もしかしたらそれは必要ないどころか、余計な肌への負担になっているかもしれません。

 ここで一旦、「塗る」概念をリセットし、きちんと自分の肌と対話した上で、肌がつけてほしいと欲しているものを感じ取って、自分で選んだ成分を、自分が必要だと思うだけ使うようにしてみては、いかがでしょうか。

 我々に必要なスキンケアは、『肌自体が自分で元気になろうとする力を助ける』ためのものというところでしょうかね。

 

 

健康な状態の肌

 

角質細胞がきちんと並んだ状態で、間をセラミドなどの細胞間脂質が満たしているため隙間がありません。その上に表面に十分な皮脂膜が張っている状態なので、水分の蒸発も少なく、外からの刺激物も入り込みません。

 

みなさん、これが目標ですよ!!

 

 

 

バリア機能が低下した、

アトピー・敏感肌さんの肌

 

細胞間脂質が減少し、表面の皮脂膜も十分ではないため、隙間ができてしまっています。そのため皮膚内部からは水分が逃げ、外部からはウイルスや刺激物などが入り込みやすくなってしまいます。