ヘアケアにもオイル

 肌を手作りの化粧品でケアできるのだから、当然髪だって大丈夫です。

 太古の昔から(?)、「ヘアケアには椿油」というのが定説のようになっていますが、一体ナゼ髪には椿油なのか、私は疑問に思っていたのです。オイルをいろいろと使ってみたり、勉強してみても、「椿油だけが髪に合っている!」という確固たる根拠を見つけることができなくて。

 そこで自分なりに答えを考えてみたのですが、これっておそらく正解に近いのでは?と自己満足をしています。 

 元々日本国内で採れたオイルの中で、最もオレイン酸含有量が多いのが、椿油だったからではないでしょうか。オリーブは小豆島など本当に一部の限られた地域でしか栽培されていませんでしたし、そもそもそれも100年前くらい前からの、ほんの最近(?)のことです。

 オレイン酸含有量が多いため、頭皮への浸透が高く、髪への馴染みもとても良い上に保湿力はバツグン。しかも抗酸化力も強い椿油は、デリケートな頭皮のケアには確かに良いのでしょう。

 そんな理由で「髪には椿油」とすり込まれて来たのだと思いますが(想像の域を出ませんが)、オリーブオイルなど他のオイルを使ってはいけない、または他のオイルよりも椿油が向いている、ということはないと思います。「静電気を防ぐ」「紫外線から髪を守る」などの効果もあるようですが、これらも椿油にしかできない仕事ではありませんし。
 結局のところこれも、ご自分の頭皮や髪の状態と相談で、使い心地など最適なものを選んでみるのが一番良いのではないでしょうか。

 私は頭皮も乾燥しがちで、季節によっては痒みを伴って皮が剥けてくることがあります。なので頭皮&髪にも、ボディ用のオイルを使用して保湿を心がけていますが、季節によっては髪用に別でオイルを用意することもあります。

 私のデリーケアは、入浴後、髪を乾かす前に髪に数滴馴染ませ、頭皮には指の腹でマッサージをしながら、指に馴染ませた数滴のオイル揉み込むだけです。意外に凝っている頭皮をほぐす効果もあり、血行促進・美肌へもつながるケアだと思っています。

 どうしても肌のケアの方が優先順位が高くなってしまうのは分かりますが、頭皮や髪の状態もよく見て、必要な成分を補給してあげましょう。ツヤツヤの黒髪は美人度アップが狙えますしね!