手作りクレンジングオイル

 

 ここでは、肌に負担の少ない天然成分のみで、バッチリメイクもしっかり落とせるクレンジングオイルの作り方をご説明します。

 みなさんメイク落としにはどんな洗浄剤をお使いでしょうか?石鹸だけで落としている方、市販のクレンジングクリームやクレンジングオイルをご使用の方、それはいろいろだと思います。ご自分の肌に合った洗浄方法を見つけられた方は、それを続けていただければ良いと思います。でももう少し、肌への負担を減らしたいとか、市販の洗浄料は強すぎる気がするとか、そんなモヤモヤをお持ちの方は、是非こちらを参考にしてみてくださいね。

 やはりメイクを落とすためにはそれなりの洗浄力が必要なんですよね、最近は石鹸だけで落とせるファンデーションや、落とさなくても大丈夫な化粧品(!)も売られていますが、できればスッキリ洗い流したい、というのがみなさん共通の気持ではないでしょうか。

 そこそこのメイクをしっかり洗い流すとなると、市販のクレンジングオイルやジェル、クリームなど、選択肢はいろいろありますね。しかしどれも共通して言えるのは、アトピー・敏感肌さんには「強すぎる」ということです。

 化学物質盛りだくさんの洗浄料に、乾燥を引き起こすモコモコの泡、そしてこれまた乾燥に繋がる界面活性剤!これだけのものが含まれている洗浄料で顔を洗っているのかと考えると、洗い上がりのサッパリ感(=ツッパリ感)がなんだか恐ろしくさえ感じます。

 ならば自分が納得できる材料で、成分を把握できているものを作って使った方が安心だと、そうは思いませんか?安心安全、それでいてきちんとした洗浄力があれば、別段問題ないどころか、ずっと嬉しいですよね!

 

 

◆材料◆

・お好みのオイル、合計60ml程度
(瓶の大きさによりますが、お手持ちの瓶の8割弱程度まで入る量で。今回は80ml容量の瓶を使用します)
 ※油を使っている化粧品をしっかり吸着するために、オイルを使用します。ご自分の肌に合うオイルをお選びいただければ特に問題はありませんが、肌馴染みの良いオリーブオイル、アボカドオイル、グレープシードオイル、スイートアーモンドオイルなどがオススメです。今回はグレープシードオイル、オリーブオイルを3種類、それぞれ同量ずつ使用します。

・グリセリン 小さじ1
 (薬局で買えるもので大丈夫ですが、ネットなどで購入できる植物性のものもあります)
 ※油を肌に馴染ませるためにグリセリンを加えます。

・精油  合計で12滴程度
 (お好みの香り、混ぜ物のない精油をご用意ください)

・保存用の瓶
 (今回は80mlくらいの容量のガラス瓶を使用します)

 

 

◆作り方◆

①清潔な瓶に、オイルを入れていきます。

(お好みのオイルをブレンドしてご使用ください。今回は❶グレープシードオイル、❷スイートアーモンドオイル、❸オリーブオイルをほぼ同量ずつ使用します。)

綺麗な緑色のフレープシードオイル。ビタミンEが豊富です。
綺麗な緑色のフレープシードオイル。ビタミンEが豊富です。
乾燥や痒みを鎮める作用のあるスイートアーモンドオイル。
乾燥や痒みを鎮める作用のあるスイートアーモンドオイル。
肌馴染みの良いオリーブオイル。高い保湿力があります。
肌馴染みの良いオリーブオイル。高い保湿力があります。

 

 

②グリセリンを加えます

(グリセリンの量は、季節やお肌の状態によって調節してください。最大で全体量の2.5割程度まで入れて大丈夫です)。

 

 

③精油を入れます

(お好みの香りと効能でお選びいただいて大丈夫です。今回使用のものは私の好きな組み合わせです。)

◇ティートゥリー 5滴
(強力な殺菌作用を持つ優れた精油。皮膚への刺激は少ないです。)

◇ラベンダー 7滴
(高い殺菌力を持ち、皮膚細胞の修復・成長促進作用もあります。)

 

 

できあがりです!簡単でしょう?

 

 

◆使用方法◆

※数種類のオイルを使用した場合、オイル類は分離したままの状態で安定しますので、使用する前に必ずよく振って混ぜてくださいね。

 

 

入浴前など、メイクを落とす時に、このオイルを手のひらに大さじ1ほど取り、顔に馴染ませます。アイメイクなど落としにくい部分には、オイルを馴染ませてから少し時間を置くと落ちやすくなります。

 

 

顔全体にオイルが馴染んだら、指の腹でくるくるとゆっくりマッサージし、メイクを浮き上がらせていきます。絶対に、こすりすぎないように注意してくださいね!軽くマッサージをするだけでメイクは落ちていきます。

 

 

市販のクレンジングオイルは、この状態から水洗いでOKですが、界面活性剤の含まれていないこのオイルは、水洗いではビクともしません。まず、この状態だとベタベタすぎてどうにもならないので、ティッシュを顔に一枚かぶせ、余分なオイルを吸い取ります。

あとは石鹸を軽く泡立て、ぬるま湯で顔を洗うだけ。完全にツルッツルの状態までゴシゴシ落とす必要はありません!「だいたい」落とせばそれでOK。残りもそのうち流れていきますから!

 

 

←手作り化粧水  Back  手作りボディオイル→