手作りボディクリーム

 こちらでは、別ページで紹介した「手作りボディオイル」よりも、さらに保湿効果の高い、手作りのボディクリームを紹介しますね。
 
 どのような方にオススメかと言うと「ボディオイルではちょっとさらっとしすぎ、もっとしっかり肌の上にとどまって保湿をして欲しい!」というヘビーな乾燥肌さんに。私も冬場はコッチです。季節やお肌のコンディション、お好みで使い分けてみてくださいね。

 今回はしっかり保湿した時に頼れる成分「ロウ」を使います。「ロウ」と言うとロウソクのロウのようにベッタリした固いものを想像してひるんでしまう方もいるかもしれませんが、「ロウ」というのは人間の皮脂にもともと含まれている皮脂成分の1つなんです。肌をカバーする力が強いので、オイルよりもしっかり守ってくれる感じを実感できると思いますよ。お好みで、ハチミツなど加えていろいろと作ってみるのも楽しいですね。今回の例では保湿作用の強いマヌカハニーを少し加えています。

 

 

◆材料◆

・お好みのオイル 大さじ2杯
肌に合う、お好みのものでかまいません。今回の例では食用のアボカドオイルを使用しています。

・ホホバオイル 大さじ1杯
天然のロウが含まれている、保湿性の高いオイルです。

・みつろう(ビーズワックス) 小さじ半分
こちらもロウが含まれている、粘度の高い基剤です。

・ハチミツ 小さじ1杯

・精油 5滴程度
香りづけのためなのでお好みでどうぞ。

※こちらの例では、全体量が60ml程度になる量になっています。お好みの容器に合わせて材料の量は調整してみてください。

 

 

◆作り方◆

①精油以外の材料を、耐熱容器に入れます。

②電子レンジ600Wで1分間チンします。

③レンジから取り出し、みつろうが溶けきるまでかき混ぜます(高温になっているのでヤケドに注意してください)。油分が分離しないように、ある程度の粘度が出るまで混ぜます。

 

④粘りが出てきたら精油を入れます。

精油は高い温度で揮発するので、最初の段階で入れると飛んでしまいます。

 

⑤粗熱が取れたら、好みの容器に入れて完成です(これはチョコレートの入っていたプラスチックの容器です、可愛いでしょう!ホントは精油などの変質を防ぐためにも遮光ガラスの瓶を使うのが一番なのですが、遊び心も大切ですよね…!!熱に弱い容器を使う際には、きちんと冷めてから移してくださいね)。

 

 以上です!所要時間は賞味10分!なんて簡単なんでしょう。室温保存で2ヶ月ほど持ちますが、無添加なので早めに使い切りましょうね。上の例だと出来上がりが緑色になっていますが、これはアボカドオイルの色です。だいたいメインで使用する植物オイルの色になります。

 保湿クリームを自分で作れば、その時に自分の肌が必要としている成分を選んで自分仕様でカスタマイズできるのが嬉しいですね。

 カチカチになってしまったら、耐熱容器に移してまたチンしてみれば大丈夫ですし、融通も利くので楽です!是非試してみてくださいね!

 

 

←手作りボディオイル  Back  ヘアケアにもオイル→