安心ボディパウダー

 夏の時期、お風呂で汗を流してサッパリ!身体を拭いて髪を乾かしたら何を飲もうかしら〜。とウキウキ考えながら脱衣所にいるほんのわずかな時間に、もう汗をかいてしまいませんか!?さっぱり感が台無しでイヤーな気分になりますよね。汗を放っておくと我々の柔肌には湿疹や痒みが発生したり、面倒なことをいろいろと引き起こします。汗トラブル対策として有効なのは、入浴後すぐにベビーパウダーを使用することですね。

 乾燥肌の私も、夏の間は皮脂の分泌がじゅうぶんにあり、保湿のためのボディオイルを体中に塗る必要はなくなります。汗はもともとあまりかかないのですが、暑い時期は毎年同じような場所(胸の上など)に湿疹と痒みがでることがあります。なので近年、夏の入浴後は、トラブルを起こしがちな部分にベビーパウダーをはたくようにしています。

 市販のベビーパウダーは鉱物性の粉が使用されているケースがあるので、アトピー&敏感肌さんには刺激が強かったり、アレルギーを起こしてしまうこともあります。市販のものが肌にトラブルを引き起こさないのならもちろん問題はないのですが、合うか合わないか、きちんと見極めてからご使用くださいね。

 もし市販の鉱物性ベビーパウダーが肌に合わない方がいらっしゃれば、刺激の少ない食用の粉を使ってみましょう!

 


 使用するのは食用の「コーンスターチ」と「精油」だけです。

作り方は簡単。

 

①適量のコーンスターチを容器に取ります。

 (きっちりフタの閉まる容器があればベターです)

②清涼感のあるティートゥリーやラベンダーなど、好きな香りの精油を数滴たらします。

 (身体に傷がなければ、ハッカ油やペパーミントでも)

③それをよく混ぜます。

 (ふたの閉まる容器などに入れて、よく振って混ぜるのが良いですね)

※量の目安→コーンスターチ大さじ2に大して、精油5滴程度の割合です。

 以上でできあがりです。これをお風呂上がりに身体にはたいてみてください。皮膚刺激は少ないのに汗はしっかり防いでくれて身体はサラサラ。しかも自分がふわふわの大福になったような気分も味わえてなんだか嬉しいんですよね!

←紫外線は敵か味方か?  Back