汗は敵か味方か?

暑い季節。
みなさん、汗をかきますか?ジットリべたべた、放っておいたら湿疹が出てカユカユ…。
汗なんてかいても良いことひとつもない!!と思ってしまいがちですが、
汗をかくのには理由が。そしてそれは決して、アトピー・敏感肌の我々にとって悪いハナシではないのです。汗のことをきちんと理解し、気にしてケアすることができればですけど。

汗を味方につける

汗の主な機能というのは、体温の調節です。
気温の高いとき、運動などで一時的に体温が上がった時に、汗腺から水分を出し、体温を一定に保とうと調節してくれる役割を担ってくれています(緊張したときにかく汗や、辛いモノを食べたときにかく汗はまた別なようなのですが、今回は省きましょう)。

通常、体温の調整のためにかく汗は、99%が水分で、無色無臭のサラサラの汗です。
この汗がきちんとかければ、体温が調節できる他、皮膚に潤いを与えたり、血液中のミネラル分を濾過し、肝臓の機能を助ける役割など、身体にプラスになる機能をいろいろと果たしてくれるんですね。

この汗をきちんとかけないと、汗腺の機能は低下し、たまにかく汗がミネラル分を多く含んだベタベタした汗になってしまいます。匂いも強く、皮膚が雑菌の温床にもなりやすいのです。

汗はベタベタしていや!なんだか痒くていや!と思ってしまいがちですが、
汗ってとても大切な役割を果たしているのだな、と分かっていただけたでしょうか。

きちんと「正しい汗」をかくためには、身体の水分の代謝をよく保ち、汗腺を健康な状態に保っておくことが大切です。

 


汗が敵になる時

かいた汗を放っておくと、細菌によって分解され匂いが出たり、
塩分が結晶化してしまったりします。
この結晶が皮膚刺激になったり、皮膚が結晶に対してアレルギー反応を起こしたりすると、湿疹が出てしまうことがありますし、皮膚がアルカリ性に傾くことで、より刺激に敏感になってしまうという悪循環も起こりえます。


汗との距離の取り方を端的に言うと、こうなりますね。


汗をかくことは必要なこと。でも、かいた汗は放っておいてはいけない。


つまり汗をよくかき、かいたらすぐに拭き取ること。
ただし絶対にこすってはいけません。言うまでもありませんが、繊維摩擦はアトピー・敏感肌さんにとっての超NG事項のひとつです。

皮膚に水分があるうちに、ハンカチやタオルなどで優しく抑えるようにして汗を吸い取りましょう。皮膚の熱感や痒みがすでに強く出てしまっているときは、保冷剤などで冷やしてみてください。応急処置としては十分な効果があります。

 

 

私のハンカチコレクション(の一部ですけど)。

夏は毎日、どれを持って出かけようかなと迷うのも楽しみです。

 

 

 

 

              Back  紫外線は敵か味方か?→