水道水のこと

 日本の水道水というのは世界的に見て、とても安全です。飲んだときの味が好きか嫌いかは人それぞれですが、ともかく飲んでもお腹を壊すことはありませんし、病気に感染することもありません。


 しかし、この「安全・清潔」な水は、塩素による消毒で成り立っているということを、少し思い出してみましょう。もちろん日本の水道水に含まれる残留遊離塩素の量は安全基準を十分に満たしていますし、プールに行ったときのような「塩素っ!!」という匂いだってしません。飲んだって浴びたって普通どうってことはないんです。


 でも我々の肌がその「普通」に当てはまっているかどうか、ちょっと考えてみましょう。普通肌の人に大丈夫な量の塩素でも、我々のフラジールな肌には強すぎる可能性があるのでは??実際重度のアトピー性皮膚炎の人の肌には、水道水に含まれる遊離残留塩素が刺激になるという研究もあるようです。

 日常生活の中で、水道水がもっとも大量に皮膚に触れるのって、いつでしょう。お風呂ですよね?湯船に溜めたお湯の中にも、シャワーから出るお湯の中にも、残留遊離塩素は含まれます。

 いままで荒れたことないし、大丈夫。という方は別に大丈夫です、人体に有害なわけではありませんから。ただ少しでも皮膚に刺激になる可能性を排除したい方は、ほんの少し気に掛けて、工夫をしてみると良いかもしれません。

 残留遊離塩素は、『ビタミンC』で中和できるのです。ミカンの皮が台所にあれば、すぐに湯船に投げ入れてみましょう。ミカンの皮がない方は、緑茶の出がらしでもOK!あいにくどちらもないわ…という方は、ミカンを買いに行くか、薬局に「アスコルビン酸」を買いに行ってみてください。アスコルビン酸とはビタミンCの粉末です。食べても大丈夫なやつですよ。これをひとつまみお湯に入れるだけで、残留遊離塩素は中和され、無害な塩素イオンになるそうです。

 シャワーから出てくるお湯もダイレクトに使用しない方がベターです。揮発性の高い遊離残留塩素は、シャワーによる熱い蒸気の中に混ざりやすくなるようで、蛇口から出る水よりもシャワーから出る水の方が遊離塩素濃度が2倍以上だというレポートもあります。

 つまり湯船にためてある「中和したお湯」を使用する方が肌に優しいということになりますが、家族みんなが入る湯船ですから、そのお湯で身体を洗うのは…とためらわれる方もいらっしゃると思います。そんな方は濾過装置付きのシャワーヘッドを購入してみてはいかがでしょう。フィルターが付いていて、塩素などの有害物質を濾過してくれる商品がいろいろと売られていますので、そういったものを取り入れるのも手ですね!!

柑橘類の皮は再利用!
柑橘類の皮は再利用!
緑茶のティーバッグも使える!
緑茶のティーバッグも使える!