春の紫外線対策

 春!おひさまがポカポカで気持ちが良いわ〜外でお弁当食べようかしら♪と楽しくなってしまう季節です。そうですね、いいですね、外でお弁当、食べましょう食べましょう。ただし紫外線対策をきちんとしてから!!

 地上に降り注ぐ紫外線量が一番多いのはもちろん、夏です。痛いですよね、紫外線。あんなにも肌で感じるものかと思うくらい…。でも、じゃあ夏以外は全然紫外線が降り注いでいないのかと言ったら、もちろんNO。量は少ないものの、もちろん一年中紫外線は地上に届いています。

 冬や春、秋は日射しがそこまで痛くはありませんから、どうしても油断してしまい無防備に太陽光線に皮膚を委ねがちです。これがけっこう危険だと、私は思うんです。そんなに暑くないから大丈夫、という油断が…!

 

 「夏のこと」にも書きますが、昔からあるアトピー治療のひとつに、紫外線療法というものがあります。これは「自然光に皮膚をさらして強くさせよう!」という荒療治ではなく、特別なある波長の紫外線だけを皮膚に照射するもので、普通の自然光に含まれる紫外線とは全然違うんですよね。なのでアトピーだから光にあてないと!というのはちょっと違いますし、強い紫外線はやはり肌にとっては害の方が大きいです。

 

資生堂2eのノンケミカル日焼け止め
資生堂2eのノンケミカル日焼け止め

 私は基本的に、一年中日焼け止めを使っています。メイクの一番最初に日焼け止めですね。以前はノンケミカルのものをわざわざ病院で購入したりしていましたが、今は得にそこまで気をつけることもなくなり、低刺激のものを普通の薬局などで購入しています。

お手頃価格も嬉しい!
お手頃価格も嬉しい!

 ここのところ使用感が気に入っているのはニベアのSUNプロテクトウォータージェルですね。水のようにすっと伸びるジェルが使いやすく、もちろん皮膚刺激もありません。真夏はもう少しSPF値の高いものを使うこともありますが、SPF値が高くなればなるだけ、皮膚には負担も大きくなりますから、アトピー・敏感肌の私たちにとっては本末転倒になる可能性も。なのでいろいろと試して、自分の肌に合うものをみつけてみてください。

 また、物理的にとても有効的な紫外線対策が、帽子や日傘です。日光を思い切り「遮る」という意味で、とても役立つグッズです。私は帽子が少し苦手なので(かぶるとおでこが痒くなってしまう)主に日傘を使用していますが、帽子の刺激が大丈夫な方は、いつも持ち歩くようにしてみると良いかもしれませんね。

 

 

←黄砂でムズムズ  Back