暮らす場所をととのえる

 

 毎日暮らしている家の環境って、どれだけ気にしていますか?


 インテリアに凝るのが大好きで、掃除も大好き!おうちはいつも可愛くピカピカ!という素晴らしい方もいらっしゃると思いますが、あまり考えたことがない…寝るだけの場所だし。という方も、多いのではないかと思うのです。

 特にアトピーが悪化している時だったり、そのうえ仕事が忙しかったりすると、インテリアに凝っている時間も余裕もないし、すっきり収納する方法を考えるよりもっと他に気にしなきゃいけないことが山のようにある!という状況になってしまうのは分かります。私もそうでした。

 でも、そういう方に是非、ちょっと考え方を変えてみてほしいのです。忙しくても余裕がなくても、自分が寝食を常にしている場所の環境を、整えてみませんか。

 「寝るだけの場所」とは言っても、住んでいる場所の環境というのは、心身の健康作りの基本です。1日で、ひいては人生で、どれだけの時間を家で過ごしていますか?決して短くはないはずです。例えものすごく仕事で忙しくしていても、帰ってくる場所は家、自分の生活の基盤となっている場所は、やはり家なんですよね。

 例えば夜中、仕事に疲れて家に帰ったとき、昨日の服が脱ぎ散らかったまま、シンクには洗っていないお皿の山、机の上は郵便物やなにやらで何も置けない、床はホコリだらけ、カーテンは黄ばんで破れている、というような状況だったとして・・・これで肩の力が抜けますか?明日への鋭気を養えますか?健康になって、人生を楽しもうという意識は芽生えますか?

 もしご自分のお部屋がこのような状況になってしまっているという方がいらっしゃったら、思い切って一度大掃除をしてください。必要ないものを捨て、必要な物はあるべき場所へ仕舞い、ゴミを捨て、床を掃除して、窓を開けて空気を入れ換えてみてください。とても気持ちが軽く、前向きになるのが実感できると思います。

 あとは是非、その状態をキープしてください。外から帰ってきた時の緊張していた心をほぐすため、休みの日の心からのリラックスのため「整っているのが普通」の状態にもっていきましょう。最初はちょっと大変かもしれませんが、どれだけ心身に影響があるか、そのうち実感できるはずです。

 常にフレッシュな空気を入れ、日光を入れ、汚れを溜めずに清潔に保つ。そして自分らしく飾り、居心地良く整える。そうやって自分の人生のベースとなる家を、心地よく清潔に整えることは、心身の健康の基本ですからね!

 

 ここでは、私は日頃家の環境を整えるために気にしている、ほんのちょっとしたことたちを集めてみました。みなさまの参考になりますように。