きなこ

 大豆のパワーが計り知れないのは皆さんご周知の通り。我々日本人の食卓には様々な大豆加工食品が並んでおり、大豆によって健康が維持され、ひいては日本経済が支えられていると言っても良いかもしれませんね(?)。

 大豆のパワーを手軽に摂取できる加工食品はいろいろありますが、大豆を煎って皮を取りすり潰しただけの粉「きなこ」は、栄養満点なのに見落とされがちな「穴場大豆加工食品」かもしれません。

 きな粉というと、和菓子やお餅にまぶしてあるようなイメージが強く、どちらかというと甘味寄りの食品だと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。砂糖を混ぜる前の純粋なきなこは、料理にもちゃんと使えるのですから。

 私が以前韓国へ旅行をし、焼肉店で食事をした時には、皿に盛ったきなこが肉やキムチと一緒に供されました。そのきなこは、焼いた肉につけて野菜と一緒に食べるものだったんです。と面白い食べ方だなと思いましたが、考えてみるととても賢い食べ方だと思ったものです。これはおそらく「香ばしさ」をプラスするという味の面だけではなく、お肉をたくさん食べる時の栄養補填の意味もあるのでしょう。もちろん甘みはないので、炒った大豆の香ばしさがお肉の脂にからみ、とても美味しかったですよ。


 このように普通のお料理に「栄養補填」または「香ばしさの補填」として少量を使用し、粉になって吸収されやすい大豆パワーを日常的に取り入れるというのは、大変賢いことだと思います。例えばハンバーグの種を練るときにひとつまみ、味噌汁の出汁にひとつまみ、といろいろと工夫が楽しめますね。

 もちろん、甘くして食べるのも美味しいですよね。トーストにきなことハチミツをかけて食べるなど、朝食にも最適です。でもその際に加える甘味料は、グラニュー糖以外で行きましょう。ハチミツ、メイプルシロップ、きび砂糖、三温糖など、身体を冷やしにくい甘味料を選ぶことを習慣にしましょうね!

アトピー・敏感肌さんに嬉しい効能・成分

●ビオチン●
ビタミンHとも呼ばれる、水溶性ビタミンです。健康な皮膚、ツヤのある髪の毛の生成をする効果があります。

●サポニン●
強い抗酸化作用を持ち、免疫系統の強化に効果的です。

●トリプトファン●
精神安定効果があり、穏やかな睡眠をもたらしてくれる効果もあります。

 

 

←納豆  Back  枇杷の葉→