サプリメントってどうでしょう?

   肌や身体のどこかに不調やトラブルを抱えていると、ついつい頼りたくなってしまうサプリメント。みなさんは何か飲んでいらっしゃいますか?

 私もかつて「大量摂取」していた時期がありました。何を飲んでいたかった?もう覚えてません!「アトピーに効くかも」と思ったものは片っ端から飲んでいました。その結果アトピーが治ったかというと、まったくそんなことはなかったんですよね。サプリメントの攻撃に揺るぐようなヤワな敵ではなかったということです。サプリメントが「気休め」でしかないと気がついたある時期から徐々にサプリメントは減らし始め、今は何も摂っていません。

 

 

※当時のサプリメント入れの写真です。「気休め」に1日ひとマス分飲んでいました。ピアスを入れるケースにサプリメントを小分けして…素晴らしいアイディアですね!!…ってそんな話じゃないんです…。

 

 言うまでもなく、栄養摂取の基本は食事です。三度の食事から身体に必要な全ての栄養を摂取できれば、それでパーフェクトなのですが、現代人の食事は偏りがち…なかなか理想的なバランスで栄養が摂取できないわ、という時の「補助」のためにあるのがサプリメントです。「栄養補助食品」って聞きますでしょ?「補助」は「補助」でしかないということを忘れて、サプリメントに頼りすぎるのは間違いです。接種するなら、基本のバランスの良い食事、+αの追加で、欲しい栄養分のサプリを摂るくらいの重要度で考えましょう。

 


 肌に良いサプリメントって、どれでしょう?

 本当にいろんな種類が並んでいて、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますが、肌を健康に導くのに効果的なサプリメントは以下のようなものがあります。ご参考までに。


肌に効く「基本」のサプリメント
◆アミノ酸(タンパク質を構成する成分です)
◆マルチビタミン(皮膚を健康に整えます)
◆マルチミネラル(皮膚や細胞を健康に整えます)

アトピー・敏感肌に効くサプリメント
◆ビタミンB群(抗アレルギー作用がある他、全身の細胞の成長を促します)
◆EPA(アレルギーを抑え、免疫力の強化に効果があります)
◆乳酸菌(腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めます)
◆ヒアルロン酸(細胞間の保水クッションとなり、肌にみずみずしさを与えてくれます)


 何度も言いますが、あくまでもこれらは「補助」です。頼りすぎることは御法度。基本は「食事」ということを忘れずに、足りない部分に上手にプラスしてうまく「補助」できるよう、自分に合ったサプリ、自分に合った飲み方を見つけてみてください!