納豆

 納豆がが苦手という方は案外いるものですが、別に嫌いじゃないけどあえて積極的に食べてはいない…という方は、もったいない!ぜひぜひ毎日納豆を摂取するようにしてください。

 納豆は、むかしむかしの抗生物質などが存在しなかった時代には、薬代わりに食べられていた食品で、言うまでもなく栄養満点。やはり身体にとって注目すべきはその抗菌作用と抗酸化作用ですかね。いっぱいいっぱい混ぜてねばねばを代増殖させれば(しっかりねばねばを増やさないと、納豆菌は目覚めません)、繁殖力が高く元気な納豆菌が、最近やウイルスをやっつけ、そのまま腸で善玉菌として活躍してくれるのです。ありがとう、納豆菌。

 美肌効果の高いイソフラボンも豊富ですし、免疫細胞の活動を高めるサポニン、ビタミンB群も多く含まれます。とにかく我々の身体にとって良いこと尽くしですから、積極的に摂るようにしましょうね!

 私は最近、テレビで観たオススメの食べ方を実践しています。納豆にたまねぎのみじん切りを加え(たまねぎには乳酸菌の活性化させるオリゴ糖が含まれています)、そこにポン酢を入れて混ぜます(同じく乳酸菌のエサになるグルコン酸が含まれています)、そして発酵食品であり整腸作用の高いチーズを乗せ(普通のピザ用チーズなど、一般的なものでかまいません)、ご飯と一緒にいただきます。相乗効果ってヤツですね!これで納豆のもつパワーは余すところなく発揮され、余すところなく吸収されるのでしょう。何よりも、美味しいですよ、コレ。

 また納豆菌は加熱しても死にませんので(血液サラサラ効果のある納豆キナーゼは、熱に弱いです)、料理に加えるなどの工夫もいろいろ考えられますね。納豆が苦手という方も、工夫次第で食べられるようになるかもしれません。こんなに健康効果の高い食材を食べないなんて、もったいないですから!!

 

 

アトピー・敏感肌さんに嬉しい効能・成分

●納豆菌●
生きたまま腸へ届き、善玉菌として腸内環境を整えてくれます。

●コンドロイチン硫酸●
納豆の「ねばねば」に含まれる食物繊維の一種。細胞組織に保水性・弾力性をもたらす作用があり、肌に弾力と潤いを与える効果があります。

●ビタミンB群、ビタミンK●
免疫系統の強化に効果的です。

 

←生姜  Back  きなこ→