勢力を増す患部(発症から2ヶ月)

 

 どんどん仕事は忙しくなり、また家へ帰れば1人暮らしは楽しく、休日にはたくさんの予定。仕事と日常のことに気を取られてばかりで、あまり自分の皮膚の状態を深刻に考えたり、調べたりすることをせずに過ごしていたのですが、例の赤い発疹と、痒みの範囲は日に日に拡大し続けます。


 気がつけば背中の炎症はもう全体に広がり、その上、肩、首、脚…と痒みが増殖。極めつけは顔です。目の回りは腫れ上がり、頬もまだらに赤みが出ているというホラーな形相。中学校の卒業文集で「クラスで一番可愛い人」に選ばれた(←小さな自慢)私の顔は、見る影もなく…。


 電車に乗ればジロジロ見られ、道ではすれ違いざまに凝視される…そんな「視線による迫害」を数週間受け、精神的に追い詰められてきました。そしてその頃、背中の「不思議な形」の腫れは、さらに不思議に進化をしていたのです。


 

←転機は25歳  円になろうとしている!?→

 

 

ウズ's history TOPへ

 

Home