Time to move?? (発症から1年半)

 

1人暮らしを始めてもうすぐ2年が経とうとしていました。

お肌の炎症大爆発が始まってからも一年半ほど経っています。 新しい部屋に引っ越すか、今の部屋の契約を更新するか。私の前に、大きな課題が現れました。


ずっと憧れていた1人暮らしは、楽しくて快適で、とても自分に合っていました。実家から会社に通うことは可能でしたし、肌のことを考えると実家に戻った方が良いのかも知れないというのは誰の目にも明らかではあったのですが、やはり自分一人で暮らす楽しさを捨てるわけにはいきません。なので「実家に戻る」という選択肢は最初からなかったのです。

しかし、肌の症状が出始めたのは、1人暮らしを始めてから。
これは偶然とは言えないでしょう。

1人暮らしを始めてから、実家暮らしだった頃と変わったことといえば…

1)食生活が乱れ始めた
2)会社と家が近くなったことで、仕事をしている時間が長くなり、ストレスも多くなった
3)掃除や洗濯にアマさがある

この3つです。
客観的に考えても、この3つはどれもアトピー大爆発の引き金になり得ますよね。

 

ただし私の場合、皮膚の炎症が出始めてからは2)以外のふたつは、心してあらためるように努めたのです。「ダニ撃退プロジェクト」を始めとする部屋の掃除も徹底し、食生活も「甘いもの大好き〜」をできるだけ制御し、身体に良いもの天然のものをできるだけ食べるように心がけ、改善に努めました。

しかしそもそも、あんなにも炎症が酷くなるほどの部屋の汚さだったのか??食生活の乱れだったのか??と言われると、いやそんなことはない、と思うのです。部屋が散らかっていると言っても、どう考えても普通レベル。当時の私の部屋より汚い部屋に住んでいる人は日本国内だけでも5,000万人くらいはいるだろうなというレベル(無根拠ですが、あくまでその程度だというイメージです)。食生活も然り、なんです。

2)の激務とストレスだけは、自分ではどうすることもできない問題でしたが、あとのふたつは深刻な原因として自分の中に残ってはいませんでした。
なので、1人暮らしを続けることに問題は何もないと、自分の中では判断していました。

引っ越すか、更新するか。

 

発症の引き金になった「かもしれない」先述の“ダニ”問題を考慮すると、この部屋の環境は良いとは言えない。じゃあ引っ越した方が良いか。でも徹底的に掃除もしたし、部屋自体がすごく嫌いなわけでもない。じゃあ引っ越さなくても良いか。
そう、気持ちの揺れ動きはしばらく続きました。

結局更新直前まで考え、決めました。
この「現状維持」状態を打開するためにも、引っ越す。
そういうわけで、部屋探しを始めたのです。

 

 

 

←現状維持  引っ越し、乾燥強まる→

 

 

ウズ's history TOPへ

 

Home